様々な投資商品の特徴

ローリスク / ローリターン

ミドルリスク / ミドルリターン

ハイリスク / ハイリターン

定期預金.png
不動産投資.png
株式.png
国債.png
不動産投資信託.png
先物取引.png
金-(ゴールド).png
海外リゾート.png
仮想通貨.png
マトリックス.jpg
 

多目的メリットと多面的見方

不動産投資の多面的メリット(銀行融資の条件)

30歳~60歳までのプラン

マンション経営

■ 多面的メリット ■

(30年 2,000万円ローン )

​金融機関からの融資

団信 / 疾病保険付

不労収入(家賃収入)

確定申告(損益通算)

実物資産(インフレヘッジ)

預金

物件価格    2,000万円  60歳~80歳 (売却1,500万円 前後)未定予想

利回り     4.2%

家賃収入    +7万円   60歳~80歳 (5万円×12ヶ月×30)1,800万円

ローン支払い  -8万円

管理費修繕費  -1万円

月負担 2万円前後

+ オプション定期預金  2万円/月

■ 効果 ■

時短 / 無保証人

生命保険効果

個人年金 /定期預金効果

減税/節税効果

ローン減額+資産価値UP

投資用資金

■ デメリット ■

​支払金利/返済

​支払金利の上乗せ

​空室のリスク

​マイナス計上

インフレヘッジ

​月/2万円

​定番のライフプラン商品

 30歳~60歳までのプラン

生命保険 2,000万円 / 三大疾病付 -3.8万円/月
(満期保険金は支払った保険料の3分の1 1,368万円÷3 =456万円)

個人年金  -2万円/月  30年 - 720万円

(60歳時 一括払いの場合751万円  10年分割の場合 762万円  63,500円/月 )

月負担 5.8万円前後

+ オプション定期預金  2万円/月

■ 商品メリット ■

■ 効果 ■

■ デメリット ■

生命保険(終身保険/疾病保険)

生命保険効果

​更新時の月負担増加

(インフレ時のリスクと保険会社の破綻)

個人年金(大手生命保険)

(死亡給付金付 一括751万円)

確定申告

生命保険料控除

年金貯金効果

​途中解約の元本割れ

(インフレ時のリスクと保険会社の破綻)

上限最高4万円の控除

(生保 / 個人年金の双方)

保険の​加入が容易である

​保障の確保

最大のメリットが不幸または事故があったときに効果を発揮する。

 

外部リンク (推奨サイト)

明治安田生命の個人年金シュミレーション

不動産投資 TIMES 

【不動産投資家必見】2019年の不動産市況を徹底分析!

​株式会社東京カンテイ

REPORT (市況レポート)

​幻冬舎 GOLD ONLINE

なぜ「東京の賃貸需要」は拡大傾向にあるのか?

 

​不動産売買事業部

不動産投資・マンション経営

年金対策

不動産を人に貸して「家賃収入」を得ることで、将来の年金代わりになる不動産投資。株式投資や信託投資などの投資商品は大きな利益を得れる可能性もありますが、失敗すれば大きな元本割れをする​可能性もあるハイリスクハイリターンの商品に比べ、不動産投資の商品は比較的安定して収益を得れるミドルリスクミドルリターンの商品です。

資産運用

不動産を使った資産運用には、リスクを極力抑えた上でレバレッジを効かせながら物件を所有できるという強みがあります。銀行からの資金を借り入れすることにより自分が持っているお金の数倍~数十倍の価値がある資産をを不動産を通して運用することができます。

相続税対策

現金、預貯金、株式など金融資産で残す相続事例が多くありますが、相続でもめることが多い上、これに税金が加わるとさらに複雑なトラブルとなります。相続税対策を考慮すると、マンション等の不動産を取得し活用するのも一方です。

生命保険効果

銀行融資を利用して不動産を購入した場合、「団体信用生命保険」に加入することが出来ます。この【団信】(団体信用生命保険)は万が一借り入れしていた本人が死亡または高度障害になったとき借り入れしていたローンが相殺される保険です。​要するに不幸があった場合無借金の不動産が家族に残せるということです。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram